西宮水道トラブル専門

西宮のトイレ・お風呂のトラブル解決

西宮アクト水道センターを安心して選んでいただきましたお客様の声

西宮アクト水道センターの最大のサービスは「最高水準の技術を持った職人による西宮で一番心地のいいおもてなし」です。つまり技術は高くて当たり前の時代です。そこに笑顔あふれる爽やかな接客は「愛嬌があって親しみやすい!」とお客さまにも人気です。我々スタッフがご訪問の際はどうぞイジってあげてください(笑)

トイレのトラブル 実績・実例を紹介します

タンク式トイレには、二つの機能が備わっています。一つ目は、タンクの中に一定の水が貯まると浮き球が浮いて給水を止めるボールタップ(浮き球が沈むと、給水が始まる)。二つ目は貯まった水を一気に流す働きを果たすフロート弁(排水弁)です。
いずれの機能が正常に働かないと、出流れになります。 ボールタップが原因と考えるもの:浮き球が、タンク壁面やサイホン管にふれて浮いてきにくくなっている。最近は、ご自分でウォシュレットを取り付けた際に、ボールタップを回転させてしまっているのを見かけます。

フロート弁が原因と考えるもの:排水口に何か異物が引っかかっており、フロート弁が開いたままになっている。フロート弁を動かす鎖が、からまって少しだけ弁が開きっぱなしになっている。レバーハンドルが上がりっぱなしになっている。

いずれの場合も、止水栓を一旦止めて上記にあげた状況を観察してください。ボールタップが原因の時は、水が貯まっており、フロート弁が原因の時は、ふたを開けた時タンクに水が貯まっていません。

蛇口のトラブル 実績・実例を紹介します

調子が悪くなったら早目に修理されることをおすすめいたします。故障した状態で使用し続けると、器具そのものの取替が必要になります。 ハンドル付近の漏水は、ワンホール型(一つ穴)のシングルレバー蛇口でよく見かけます。漏れてくる箇所によりますが、おおむね緊急性は無いでしょう。 緊急性は無くても、よくなることはないので、早めの修理をおすすめいたします。

かたい状態で使用していると、ハンドルや止水部品(カートリッジ)の破損につながります。ハンドルがぐらつく時は同時に付近が濡れてきます。 お早目の修理をおすすめいたします。

水道管のトラブル 実績・実例を紹介します

検針で指摘された場合、水量が例年に比べ明らかに多いのでしょう。一般的に、漏水を見つける方法は、濡れているところは無いか?音のするところは無いか?などです。 原因の調査にうかがいますので、一度電話などで詳しくお聞かせください

宅地内の、排水管の漏水が考えられます。特に多い原因、排水枡の底から染み出た汚水です。 衛生面からもお早めの修理が必要ですので、お気軽にご相談ください。

西宮市 水道トラブル お問い合わせ